Class: BCDice::GameSystem::SwordWorld2_0

Inherits:
SwordWorld show all
Defined in:
lib/bcdice/game_system/SwordWorld2_0.rb,
lib/bcdice/game_system/sword_world/transcendent_test.rb

Direct Known Subclasses

SwordWorld2_5

Defined Under Namespace

Classes: TranscendentTest

Constant Summary collapse

ID =

ゲームシステムの識別子

'SwordWorld2.0'
NAME =

ゲームシステム名

'ソード・ワールド2.0'
SORT_KEY =

ゲームシステム名の読みがな

'そおとわあると2.0'
HELP_MESSAGE =

ダイスボットの使い方

<<~INFO_MESSAGE_TEXT
  自動的成功、成功、失敗、自動的失敗の自動判定を行います。

  ・レーティング表 (Kx)
   "Kキーナンバー+ボーナス"の形で記入します。
   ボーナスの部分に「K20+K30」のようにレーティングを取ることは出来ません。
   また、ボーナスは複数取ることが出来ます。
   レーティング表もダイスロールと同様に、他のプレイヤーに隠れてロールすることも可能です。
   例)K20   K10+5   k30   k10+10   Sk10-1   k10+5+2

  ・クリティカル値の設定
   クリティカル値は"[クリティカル値]"で指定します。
   指定しない場合はクリティカル値10とします。
   クリティカル処理が必要ないときは13などとしてください。(防御時などの対応)
   またタイプの軽減化のために末尾に「@クリティカル値」でも処理するようにしました。
   例)K20[10]   K10+5[9]   k30[10]   k10[9]+10   k10-5@9

  ・レーティング表の半減 (HKx, KxH+N)
   レーティング表の先頭または末尾に"H"をつけると、レーティング表を振って最終結果を半減させます。
   末尾につけた場合、直後に修正ををつけることで、半減後の加減算を行うことができます。
   この際、複数の項による修正にはカッコで囲うことが必要です(カッコがないとパースに失敗します)
   クリティカル値を指定しない場合、クリティカルなしと扱われます。
   例)HK20  K20h  HK10-5@9  K10-5@9H  K20gfH  K20+8H+2  K20+8H(1+1)

  ・ダイス目の修正(運命変転やクリティカルレイ用)
   末尾に「$修正値」でダイス目に修正がかかります。
   $+1と修正表記ならダイス目に+修正、$9のように固定値ならダイス目をその出目に差し替え。
   クリティカルした場合でも固定値や修正値の適用は最初の一回だけです。
   例)K20$+1   K10+5$9   k10-5@9$+2   k10[9]+10$9

  ・首切り刀用レーティング上昇 r10
   例)K20r10 K30+24@8R10 K40+24@8$12r10

  ・グレイテストフォーチュンは末尾に gf
   例)K20gf K30+24@8GF K40+24@8$12r10gf

  ・威力表を1d+sfで参照 クリティカル後も継続 sf4
   例)k10sf4 k0+5SF4@13 k70+26sf3@9

  ・威力表を1d+tfで参照 クリティカル後は2dで参照 tf3
   例)k10tf3 k0+5TF4@13 k70+26tf3@9

  ・超越判定用に2d6ロールに 2D6@10 書式でクリティカル値付与が可能に。
   例)2D6@10 2D6@10+11>=30

  ・成長 (Gr)
   末尾に数字を付加することで、複数回の成長をまとめて行えます。
   例)Gr3

  ・防御ファンブル表 (FT)
   防御ファンブル表を出すことができます。

  ・絡み効果表 (TT)
   絡み効果表を出すことができます。
INFO_MESSAGE_TEXT

Instance Attribute Summary

Attributes inherited from Base

#d66_sort_type, #default_cmp_op, #default_target_number, #randomizer, #reroll_dice_reroll_threshold, #round_type, #sides_implicit_d, #upper_dice_reroll_threshold

Instance Method Summary collapse

Methods inherited from SwordWorld

#result_2d6

Methods inherited from Base

#change_text, #check_result, command_pattern, #enable_debug, #enabled_d9?, eval, #eval, #grich_text, prefixes_pattern, register_prefix, register_prefix_from_super_class, #sort_add_dice?, #sort_barabara_dice?

Methods included from Translate

#translate

Constructor Details

#initialize(command) ⇒ SwordWorld2_0

Returns a new instance of SwordWorld2_0.



79
80
81
82
# File 'lib/bcdice/game_system/SwordWorld2_0.rb', line 79

def initialize(command)
  super(command)
  @rating_table = 2
end

Instance Method Details

#eval_game_system_specific_command(command) ⇒ Object



84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
# File 'lib/bcdice/game_system/SwordWorld2_0.rb', line 84

def eval_game_system_specific_command(command)
  case command
  when /^Gr(\d+)?/i
    if command =~ /^Gr(\d+)/i
      growth(Regexp.last_match(1).to_i)
    else
      growth
    end
  when /^2D6?@\d+/i
    transcendent_parser = Command::Parser.new(/2D6?/i, round_type: BCDice::RoundType::CEIL)
                                         .enable_critical
                                         .restrict_cmp_op_to(nil, :>=, :>)
    cmd = transcendent_parser.parse(command)

    unless cmd
      return nil
    end

    node = TranscendentTest.new(cmd.critical, cmd.modify_number, cmd.cmp_op, cmd.target_number, @locale)
    node.execute(@randomizer)
  when 'FT'
    get_fumble_table
  when 'TT'
    get_tangle_table
  else
    super(command)
  end
end

#get_fumble_tableObject



147
148
149
150
# File 'lib/bcdice/game_system/SwordWorld2_0.rb', line 147

def get_fumble_table()
  table = DiceTable::Table.from_i18n("SwordWorld2_0.FumbleTable", @locale)
  return table.roll(@randomizer)
end

#get_tangle_tableObject



152
153
154
155
# File 'lib/bcdice/game_system/SwordWorld2_0.rb', line 152

def get_tangle_table()
  table = DiceTable::Table.from_i18n("SwordWorld2_0.TangleTable", @locale)
  return table.roll(@randomizer)
end

#growth(count = 1) ⇒ Object



135
136
137
# File 'lib/bcdice/game_system/SwordWorld2_0.rb', line 135

def growth(count = 1)
  ((1..count).map { growth_step }).join " | "
end

#growth_stepObject



139
140
141
142
143
144
145
# File 'lib/bcdice/game_system/SwordWorld2_0.rb', line 139

def growth_step
  table = DiceTable::Table.from_i18n("SwordWorld2_0.GrowthTable", @locale)
  r1 = table.roll(@randomizer)
  r2 = table.roll(@randomizer)

  return r1.value != r2.value ? "[#{r1.value},#{r2.value}]->(#{r1.body} or #{r2.body})" : "[#{r1.value},#{r2.value}]->(#{r1.body})"
end

#rating_parserObject



113
114
115
# File 'lib/bcdice/game_system/SwordWorld2_0.rb', line 113

def rating_parser
  return RatingParser.new(version: :v2_0)
end

#rollDice(command, round) ⇒ Object



117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
# File 'lib/bcdice/game_system/SwordWorld2_0.rb', line 117

def rollDice(command, round)
  if command.semi_fixed_val > 0
    # 常に片方の出目を固定
    dice = @randomizer.roll_once(6)
    return dice + command.semi_fixed_val, "#{dice},#{command.semi_fixed_val}"
  elsif round == 0 && command.tmp_fixed_val > 0
    # 回転前だけ片方の出目を固定
    dice = @randomizer.roll_once(6)
    return dice + command.tmp_fixed_val, "#{dice},#{command.tmp_fixed_val}"
  elsif command.greatest_fortune
    # グレイテスト・フォーチュン
    dice = @randomizer.roll_once(6)
    return dice * 2, "#{dice},#{dice}"
  else
    return super(command, round)
  end
end